2010年02月10日

インド洋補給活動完了、海自艦が帰国(産経新聞)

 インド洋で「テロとの戦い」を展開する外国艦艇への給油・給水活動にあたってきた海上自衛隊の補給艦「ましゅう」(艦長・品川隆1等海佐、1万3500トン)と護衛艦「いかづち」(艦長・梅崎時彦2等海佐、4550トン)が6日午前、東京・晴海埠頭(ふとう)に帰国した。

 補給活動は、平成13年9月の米中枢同時テロを受けた国際社会の「テロとの戦い」の一環として、同年12月からスタート。約3カ月の中断はあったが、8年間続いた。活動継続を主張する声もあったが、鳩山首相は今年1月に期限切れとなった新テロ対策特別措置法を延長せず、アフガニスタンへの50億ドル規模の民生支援に切り替えた。

【関連記事】
鳩山首相、インド洋給油に「十分な意味なかった」
海自補給、中国が“後釜”に? 政府に広がる警戒感
「消えた日本」と同盟の信頼
中国の軍事力と外交を見据えよ
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家

収賄罪で滋賀県幹部を起訴=業者から850万円、全面否認−大津地検(時事通信)
国会で説明「小沢氏が判断」=参院でも代表質問−首相(時事通信)
下関市で「ふくの日」祈願祭(産経新聞)
<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
NHKの福地会長、改めて辞意認める(産経新聞)
posted by 9om5qrwkzp at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。