2010年01月20日

認証保育所補助2億増加 都、待機児童の解消目指す(産経新聞)

 都は12日、平成22年度一般会計予算案に認証保育所への補助を2億円上乗せするなど、少子化対策として計10億円の予算を確保する方針を固めた。認証保育所への補助の上乗せは、最大1千人の受け入れ定員拡大を目指し、待機児童の解消につなげる。

 また、パートタイマー向けの短時間保育制度の創設に3億円を計上。フルタイムで働く親と異なり、現行システム上では子供を預けるにも予約や時間が不安定で、親が働きにくい状況の改善を図っていく。

 ほかに、自宅で3歳未満の乳幼児を預かる「保育ママ」を働きやすくする。現在の保育ママの登録者を633人より増やすため、認証保育所などが保育ママの休暇に代替保育するなどの対策に5億円を計上する。

石川議員元秘書「証拠持ち出した」と上申書(読売新聞)
「のぞみ」を退く新幹線車両500系のバームクーヘン、20日から発売(産経新聞)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意(産経新聞)
<鳩山首相>アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
posted by 9om5qrwkzp at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

出会えない「出会い系」摘発!“さくら”女性で利用客だます(スポーツ報知)

 警視庁と宮城県警の合同捜査本部は15日、交際相手を装った「サクラ」の女性を使い、出会い系サイトの客から利用料をだまし取った詐欺の疑いで、サイト運営会社役員の星憲之容疑者(33)ら男10人と女1人を逮捕した。「サクラ」を使った出会い系サイトの摘発は全国で初。2008年春までの3年で約20億円を売り上げたという。

 「サクラ」を使って男心のスキをつく出会い系サイト運営業者が全国で初めて逮捕された。

 逮捕容疑は、08年12月頃から09年1月までの間、都内の男性会社員(20)ら3人から、利用者同士が交流できない虚偽の出会い系サイトに登録させ、利用料金として計約56万円をだまし取った疑い。サイト運営会社役員の星容疑者ら6人は容疑を否認している。

 警視庁によると、星容疑者らは、05年頃から出会い系サイト「ラポルテ」「チャベリ」「コミュコミュ」の3つを運営。会員になりすました従業員が「早苗(さなえ)」「良々歌(ららか)」などの偽名を使い、男性利用者に交際をちらつかせたりするメールを送信した。多いときで数十人の「サクラ」を使っており、3年間で約20億円を売り上げた。

 同社が利用者に出したとみられるメールは「もう出会いの季節→夏も終わってしまったんですけど…ってとっくに秋ですもんね。。。?でも何か物足りないっていうか…。…直アドも教えちゃいますので。気軽にメールください♪待ってます☆彡」と若い女性を演出。最初は無料でメールの送受信ができたようだが、突然、利用料金が発生するシステムだったようだ。

 星容疑者らは、料金を支払わない利用者に対し「ご清算いただけない場合、信用機関による個人情報照会、債権回収のための告訴、法的手段等しかるべき処置をとります」などとメールで通告。銀行口座に料金5000円を振り込むよう要求した。ネット上では、同様の手口で被害を訴える利用者が相次いでいた。

 また、“宣伝活動”にも力を入れていたようで、会員制サイト「mixi(ミクシィ)」などに他人のIDやパスワードを使って無断で入場。男性会員にメールを出し、出会い系サイトに登録させていたとみられ、警視庁では、不正アクセス禁止法違反容疑でも調べを進めている。


 【関連記事】
宮城県警 ラポルテ 債権回収 を調べる

「県外移設」可能性示唆の資料、防衛省が提出拒否(読売新聞)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
<第二東京弁護士会>駅員暴行で有罪の弁護士を懲戒処分(毎日新聞)
カーナビ奪い逃走 追いかけた店員、車で引きずる 水戸(産経新聞)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)
posted by 9om5qrwkzp at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

<都教委>土曜授業を容認 月2回上限 市区町村委に通知へ(毎日新聞)

 東京都教育委員会は、小中学校の土曜日の授業実施を月2回を上限に認めることを決めた。新学習指導要領の全面実施に向け、授業時間の確保と学力の定着を図ることが目的。14日に都内の市区町村教育委員会に通知する。

 土曜日の授業については、学校週5日制の趣旨に反しないようにするため、「公開」を条件とし、家庭や地域との連携を確保するという。都道府県レベルの教育委員会が土曜日の授業実施について市区町村教委に通知を出すのは異例という。実際に土曜授業をするかどうかは市区町村教委や各校の判断という。文部科学省は「学校週5日制の理念に反するものではないと理解している」としている。

 教育の「ゆとり」を重視するため、02年4月に学校週5日制が完全実施され、小中学校で土曜日は原則休業となった。しかし、カリキュラムが過密化した平日に、補習や学校行事の準備をこなすことが困難になりつつあり、土曜日に補習などを行う小中学校が増えているのが実情だ。

 また小学校では11年度に、中学校では12年度に新学習指導要領が全面実施されるのに伴い、授業時数が大幅に増加する。このため平日だけの時間割で教育課程を終えることがさらに難しくなるとの懸念が教育現場で広がっており、都教委は対応を検討していた。【真野森作、市川明代】

【関連ニュース】
文科省:高校の新学習指導要領「竹島」に触れず 解説書
小学校の英語授業:否定的な中学生多数…教研集会で報告
文科省:新学習指導要領に対応したIT教育の手引き公表
小学校英語:副読本「英語ノート」で公開授業 東京・小名木川小で
サンデーらいぶらりぃ:斎藤 貴男・評『学校教育と愛国心』藤田昌士・著

川に車転落、祖父と孫娘死亡=中学に送る途中−新潟(時事通信)
中学生3人、常磐道に自転車など投げ入れる 茨城・つくば(産経新聞)
向精神薬を譲渡未遂=宅配便で、医師逮捕−大阪府警(時事通信)
「“マモノ”は単なる悪態」被告の無罪主張を一蹴する検察官(産経新聞)
<共産>参院秋田、佐賀選挙区に新人候補擁立(毎日新聞)
posted by 9om5qrwkzp at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。